新着記事

革鞣し(なめし)に関すること

革製品の用語「ピックリング」について

ピックリングとは、革のなめし工程において、革を酸性の溶液に浸し、革の繊維を柔らかくし、柔軟性を高める処理のことである。この処理により、革は伸縮性と弾力性を持ち、様々な用途に使用できるようになる。 ピックリングは、通常、革を塩酸や硫酸などの酸性の溶液に浸すことで行われる。酸によって革の繊維が分解され、柔軟性が増す。また、ピックリングは革の強度を高め、腐敗を防ぐ効果もある。 ピックリングは、革製品の製造において重要な工程である。ピックリングされた革は、柔らかく、柔軟性が高く、丈夫なため、様々な用途に使用できる。ピックリングされた革は、靴、バッグ、財布、衣服など、様々な革製品に使用されている。
革鞣し(なめし)に関すること

革製品の用語『一浴法』について

一浴法の概要 一浴法とは、革に染色の際に用いられる手法のことです。鞣し済みの革を染槽に浸し、一度で染色し乾燥させる方法です。シンプルな方法ですが、革の風合いや仕上がりに大きく影響します。一浴法は古くから革の染色に用いられており、現在でも広く使用されています。一浴法の特徴は、革に均一に染料が染み込むことです。また、染色後の革が柔らかくしなやかな風合いになるのも特徴です。しかし、一浴法は染色に時間がかかるため、大量生産には向いていません。また、染料の種類によっては、一浴法では染まらないものもあります。
レザーグッズに関すること

革製品用語講座 第1回 ベルトサイズ

革製品用語講座 第1回 ベルトサイズ ベルトにおけるウエストサイズの定義 ベルトを買うとき、サイズを正確に測ることが大切です。ベルトのサイズは、ウエストサイズを基準に選びます。ウエストサイズは、お腹の最も細い部分の周囲の長さです。ウエストサイズは、服の上から測っても、服の下から測っても構いません。ベルトのサイズを選ぶときは、ウエストサイズに余裕を持たせることが大切です。余裕を持たせないと、ベルトがきつくて苦しくなります。ベルトのサイズは、ウエストサイズより5cmから10cmほど余裕を持たせるのがおすすめです。
革の加工方法に関すること

革製品の用語「酵素」の基礎知識

酵素とは、化学反応を促進する物質のことです。酵素は、タンパク質で作られていて、生体内でさまざまな役割を果たしています。酵素は、食べ物や薬などの物質を分解したり、新しい物質を合成したりすることができます。 酵素は、温度やpHによって働き方が変わります。酵素は、人間の体内で働きますが、人工的に作り出すこともできます。人工的に作られた酵素は、工業製品の製造や、環境浄化などに利用されています。